東海ラジオレギュラー・藤井香愛 「平日はヤクルト、週末はドラゴンズ」

2019年07月18日 17時00分

新曲を発表した藤井香愛

 歌手の藤井香愛(30)が17日、都内でセカンドシングル「TOKYO迷子」(24日リリース)発表会を行った。

 新曲では女性の迷える恋心を歌っている藤井。デビュー曲はオリコン演歌歌謡曲チャートで初登場7位だったが、「新曲は1位を目指したい」と意気込みを語った。

 この1年の間には新人ながらもCM出演や、東海ラジオ「原・藤井の歌謡曲主義」(毎週日曜午後5時)のレギュラー番組が決まるなど、幅広い活躍を見せてきた。ただ、このラジオには悩ましい面もある。

 デビュー前の藤井はプロ野球・ヤクルトの公認ユニット「DDS」のメンバーで活躍。当然、ヤクルトに強い思い入れを持っているが、東海ラジオは中日のお膝元だ。

「生放送中は、ラジオですがドラゴンズのユニホームを着るんです。だから平日はヤクルト、週末はドラゴンズファン。でも名古屋でヤクルト戦があって、ヤクルトが点を取ると『よし!』とか言っちゃって…、白い目で見られる時もある」

 それでも音楽関係者は「ラジオに出たことで着実にファンの数を増やしていることは確かです。キャンペーンでもお客さんの反応が変わってきている」と、もちろんラジオ出演はプラスになっているという。

 今後の目標について藤井は「東京の中野区の出身で、2024年に中野サンプラザの解体工事が始まる。解体前にソロコンサートができるように頑張りたい」と話した。