24時間テレビ 今年はいとうあさこ&ガンバレルーヤ・よしこら4人で駅伝

2019年07月14日 21時11分

いとうあさこ(左)とガンバレルーヤ・よしこ

 14日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」で、同局の名物チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月24~25日)の目玉企画、チャリティーマラソンの走者が発表された。

 番組終了直前、司会の内村光良(54)が、24時間テレビのスタッフからマラソンランナー・プレゼンター就任を依頼されて「ランナーじゃないのね? よぉーし!」と喜ぶ様子を放送。内村は出川哲郎(55)をドッキリ風に驚かせた後、「ここに(ランナーが)います」と小さな会議室のドアを開けた。

 そこにいたレギュラーのいとうあさこ(49)に「あなたが、24時間マラソンのランナーの1人に選ばれました」と告げて驚かせると「実は今年はマラソンではなく駅伝でやります。4人です。1人が42・195キロ、フルマラソンを走り切って、タスキを渡します」と説明した。

 そこへ2人目として登場したのは、準レギュラーのガンバレルーヤ・よしこ(28)。残り2人の発表は後日行われるが、いとうとよしこはランナーの名前が書かれた紙を見せられ「えっ!? 心強い」と声を揃えた。