ガンダムゲーム大会史上最高! 賞金総額300万円

2019年07月13日 17時01分

左から加藤一二三九段、難波秀行株式会社創通社長、天木じゅん、高橋名人

 ガンダムゲーム大会史上最高金額を誇る「GUNDAM GAME GRAND PRIX2019(GGGP2019)」のプレス発表会が13日、都内で行われた。

 GGGP2019は、8月24日~25日に幕張メッセ国際展示場で開催される日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO 2019」内のesports大会として行われる。24日は「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」が6人対6人のチーム戦で、25日は「機動戦士ガンダム 戦場の絆」が4人対4人のチーム戦となる。賞金総額は昨年を上回る300万円にアップしたとあって、注目を集めることは必至だ。

 発表会には、大会スペシャルサポーターに選ばれた人気グラビアアイドル・天木じゅん(23)、ゲストとして”ひふみん”こと将棋の加藤一二三九段(79)、高橋名人(60)、ガンダム・ゲーム大好き芸人「アメリカザリガニ」(柳原哲也=46、平井善之=46)らが登壇。

 ひふみんは「将棋というものは実は楽しみながらやっているという部分があり、ゲームと共通する点があるんです」と将棋との共通点を語り、高橋名人は「(賞金総額300万円に触発され)自分もやってみたいが、もう60歳。反射神経がどうかなあ。でもベスト10には入れるかも」と自信のほどをチラリ。

 天木は「昨日ゲームセンターで『戦場の絆』をやったばかり。スクリーンが広く、明るくて楽しかった。張り切りすぎて少し背中が痛いです」と笑いを誘った。途中「ガンダムは日本を代表するゲーム」と“ガンダム愛”いっぱいのアメリカザリガニにいじられる場面もあったが「大会当日は”撃て撃て! 行け行け!”って叫んで私なりに応援を頑張りまーす。大会までにもっともっとガンダムを知りたいなと思います」と熱く語った。