鈴木おさむ氏 子育てに苦戦「なんで?なんで?に全部は答えられない」

2019年07月12日 20時47分

恐竜博2019の開催イベントに出席した鈴木おさむ氏

 放送作家の鈴木おさむ氏(47)が12日、東京・国立科学博物館で行われた特別展「恐竜博2019」(13日〜10月14日)の開催イベントに登場した。

 同展の音声ガイドプロデュースとナビゲーターを務める鈴木氏は「自分が普段テレビ番組を作っている方法で、より分かりやすく、マニアックな人にも伝わりやすくなるようにした」と工夫したポイントを話し、「自己評価は101点」とした。

 妻でお笑いタレントの森三中・大島美幸との間に生まれ、今年で4歳になる笑福くんは、デイノケイルス(中生代白亜紀末期に生存した恐竜)に興味津々だという。

 最近は「恐竜はなんで襲うのか。なんで怖いことをするのか」とシンプルな疑問を投げかけられ「なんでも、なんでと聞いてくるので、さすがに分からないこともある。全部は答えられない」と子育ての苦労話を明かした。

 最後に「恐竜展、迫力が半端ない。すごいパンチ力。この夏絶対に家族で見てほしい」と恐竜博をアピールした。