クロちゃん グラドルレスラーに公開セクハラ「試合中にチューしちゃうよ」

2019年07月09日 18時51分

上福ゆき(左)にセクハラを連発したクロちゃん

 DDTプロレスリング15日大田区総合体育館大会でアイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤルに出場する安田大サーカスのクロちゃん(42)が9日、都内で行われた会見に出席。東京女子プロレスの上福ゆき(26)に劣悪な公開セクハラを連発した。

 同戦ではクロちゃんの「どうせやるならギャルと闘いたいしん」という私利私欲丸出しの要望が通る形で、グラビアアイドルとしても活躍する上福が追加参戦となった。団体からまるで人質のような形で差し出された上福はこの日の直前会見で「ひと言でいったら嫌だな、本当に気持ち悪いなって。タイプじゃないから絡みたくないしんって感じです」と、嫌悪感をあらわにした。

 ところがクロちゃんは、この言葉のムチに欲情したのかエスカレートした言葉を立て続けに繰り出していく。「ヒザ舐めるのは当たり前ですし、チューしちゃうよ。試合中に。大人のキスを皆さんに提供します。どこ舐めてほしい?」などと、2019年の実社会では一目瞭然でアウトなセクハラが展開された。

 なおもクロちゃんは「せっかく出るからには得して帰りたい。男性と絡んでも得することないので。見ているみなさんが興奮するようなことしますからね。服脱げちゃうかな。興奮したらバックヤードでやっちゃうかもしれない」とよこしまな態度を隠そうともしない。「結婚まではもっていこうかなと思います」と、一方的に上福とのゴールインまで見据えた。

 写真撮影の際は握手を求めておきながら、引き寄せてキスを迫るなど古典的な手法も駆使。お笑い芸人のコンプライアンスが問われる昨今、ゲスを絵に書いたようなクロちゃんに何らかの裁きが下るのは時間の問題とみられる。