「インドネシア住みます芸人」アキラが元JKTアイドルと結婚「厳しく優しく支えてくれた」

2019年07月09日 11時43分

「インドネシア住みます芸人」のアキラ・コンチネンタル・フィーバーが、同じく吉本興業インドネシア支社所属のアイドルグループ「少女コンプレックス」の元リーダー、ディアスタ・プリスワリニと現地時間6日に結婚したことが9日、分かった。所属事務所が発表した。

 アキラは2015年から「インドネシア住みます芸人」として現地で活動。アジア各地で放送される人気番組「Asia’s Got Talent」で準決勝に進出したことをきっかけに、アジア各地やヨーロッパの番組やイベントにも出演するなど、世界を舞台に活躍。ディアスタは2013年にJKT48を卒業。その後、「少女コンプレックス」のリーダーとして活動していた。今年5月、同グループ卒業後はモデルやイベント司会者など芸能活動を続けていた。

 事務所によれば、バンドンで行われた結婚式にはインドネシア住みます芸人のザ・スリー、そこらへん元気、少女コンプレックスのメンバーや過去にディアスタが所属していたJKT48メンバーも出席。大勢に祝福され無事に式を終えた。

 2人のコメントは以下の通り(原文ママ)

 アキラ「私事で大変恐縮でございますが、私インドネシア住みます芸人アキラ・コンチネンタル・フィーバーは7月6日にディアスタ・プリスワリニさんと結婚致しましたことをご報告させて頂きます。異国で仕事がなく、お金がなく、全てがうまくいかない身も心もボロボロの僕を彼女は忍耐強く愛を持ってずっと隣で優しく支えてくれました。ドン底の時に、初めて諦めかけた時、彼女は私に怒鳴りました。『日本に帰れ!インドネシアいらないよ!今すぐ帰れ!』と、誰よりも厳しくしてくれる彼女が居なかったら、僕は本当につぶれていました。今、ヨーロッパや世界各地からお仕事を頂けるようなったのは、本当に彼女のおかげです。いっぱい悲しませた分、これから笑顔いっぱいの家庭を築いていきたいと思います。最後になりますが、今の目標は、新婚さんいらっしゃいに出演することです」

 ディアスタ「日本の皆様、こんにちは。インドネシア人のディアスタ・プリスワリニです。私は、アキラ・コンチネンタル・フィーバーさんといると毎日がとても楽しくて、幸せいっぱいです。見ているだけでこんなに面白い人はアキラさんが初めてです。そして、またいつも見えない努力もしてる姿も、大好きです。格好付けずに、プライドも捨て、小さな努力から少しづつステップアップして、今世界各地を飛び回るアキラさんは私の誇りです。日本の皆様、これからもアキラ・コンチネンタル・フィーバーさんをどうぞ宜しくお願い申し上げます。最後になりますが、私の好きな日本食は、竹輪の天麩羅です」