深田恭子 ラムちゃん衣装で照れ笑い「だっちゃ言葉が難しかった」

2019年07月08日 12時25分

ラムちゃんの衣装で踊る深田恭子

 女優の深田恭子(36)が8日、都内で「東京ガスの電気 2019年新CM発表会」に出席した。

 漫画「うる星やつら」をモチーフにした新CMで、深田はヒロインのラムちゃん役として出演している。

 イベントには、ラムちゃん仕様の黄色い角のついたカチューシャとミニ丈のワンピースでセクシーに登場。ラムちゃんを演じた感想について「だっちゃ言葉が意外に難しかった。ラムちゃんのテンションに持っていくのが、なかなか難しかった。ラムちゃんって、結構テンション高いですもんね」と照れ笑いした。

 CMでは、テンちゃん役として出演した子役の寺田心(11)と共演。「すごく癒やされた。楽しい時間だった。ダンスはかわいらしい振り付けで、とにかく心くんがかわいかった」と撮影を振り返った。

 漫画の中で、ラムちゃんは好きな人に厳しい一面を持つ。MCから「厳しい一面はありますか?」と問われた深田は「犬を2匹飼っていて、片方のわんちゃんが食いしんぼう。私の目を盗んで、もう片方のわんちゃんのエサを食べちゃう。毎日その繰り返し。すごく厳しく言うけど全然きかない。かわいいから許しちゃう」と明かした。

 新CMは9日から、関東ローカルエリアでオンエアされる。