スリジエ夏野りん 七夕イベントで年上メンバーに“求婚”

2019年07月08日 12時16分

七夕イベントで浴衣姿を披露したスリジエ

 アイドルグループ「スリジエ」が7日、東京・秋葉原のグレースバリで「ドリーム☆七夕祭り」を開催した。

 スリジエ(月・星・宙・虹・風組)、候補生はライブを終えると浴衣姿でステージに登場。それぞれが七夕の願い事を披露した。最年少ユニット・虹組の夏野りん(13)は「ずーずーと結婚できるように」と年上メンバー・吉井あずさ(20=宙組)にプロポーズ。「去年も書いたんだけど、かなわなかった」とこぼす夏野にリーダー・中丸葵(22=月組)が「そりゃそうだわ」とツッコみをいれると会場は笑いに包まれた。そんな中、吉井が「りんが16歳になったら考える」と大人の対応を見せると夏野は「3年後に考えてもらえれば大丈夫」とニッコリ。リーダーは「ポジティブだね」とたたえた。

 そんなリーダーは「みんながずっと笑顔でいられますように」の短冊を披露。「笑顔じゃないと楽しくないもんね」と説明した。

 センター・山本あこ(16=月組)は「『ホワイトが似合う女になりますように』って書いたのに、ピンクの浴衣を着てきちゃった」と打ち明ければ、才川つむぎ(23=月組)は「ラブリー出っ歯」を掲げ、笑いを誘った。

 椿原ほのん(17=星組)は「セカンドワンマンライブが成功しますように」と、15日に開催するワンマンライブ(品川ステラボール)への思いをしたためた。スリジエは先月下旬から各ユニットごとに新曲を発表し、本番への準備を進めてきた。9日の2部公演(秋葉原P.A.R.M.S)には関西で活動する天組、雲組も出演し、東西全7ユニットによる“新曲祭り”を予定している。