井上和香グラドル時代の体形披露 ライザップ効果に「どんな水着を」

2019年07月05日 17時00分

美ボディーを披露した井上和香

 女優の井上和香(39)が4日、都内でヘルスケア大手「RIZAP(ライザップ)」の新CM(5日から放送)発表会に出席した。3か月前からライザップをひそかに始め、9・7キロの減量に成功。グラビアアイドル時代を思い起こさせる美ボディーをシースルードレスに包んで登場した。

 これがライザップ効果だ! 体重だけではなく、ウエストはマイナス15・3センチ、体脂肪はマイナス11・7%。すっかり美ボディーを取り戻した井上は、ライザップ挑戦前に撮影した自身の等身大パネルを見て「見たくないですね~。懐かしいとは思いますけど、戻りたくはないですね」と苦笑いした。

 2012年に結婚、15年に長女を出産した。出産後は子供が残したご飯をもったいないという思いから食べているうちに、どんどん太ってしまったという。さすがに危機感を覚え、自己流でダイエットをしたものの、20代の頃とは違って、そう簡単には痩せられない。

 そんな時、3歳の娘に「一緒にプールに行きたい」と言われたことがきっかけで、本気のダイエットを決意したという。そこで頼ったのがライザップだ。

 減量中は「全く食べられない」というイメージを強く抱いていた井上だが、いざ始めてみると「トレーナーさんに『3食ちゃんと食べてくださいね』と言われたので、しっかり食事を取ることができました」と話した。

 バランスの良い食事を心がけたことで、魚を食べる機会が増えた。そのおかげで「娘が魚が大好きになったことが一番うれしい」と喜び、母としての一面をのぞかせた。夏には長女の望み通り、一緒にプールに行くつもりだ。「娘と一緒に水着を着てプールに行きたい。どんな水着にしようかな」と笑顔で話した。