TKO木本「闇営業」誘うイタ電があったと告白

2019年07月03日 19時22分

「TKO」の木本武宏

 お笑いコンビ「TKO」木本武宏(48)が3日、都内で行われた家電メーカー「バルミューダ」のサーキュレーター新製品「GreenFan C2」の発表会に登場した。

 同商品は既存の製品「GreenFan」の派生として作られたもので、持ち運びやすいコンパクトな形が特徴だ。実は木本は10年前、テレビ朝日系「アメトーーク!」に家電芸人として登場した際、「GreenFan」を紹介した。そのおかげもあって、約2億円の売り上げを達成した同社の寺尾玄社長に対し「俺が売ったんや」という思いを抱きつつも、ずっと黙っていたといい「今日はそのモヤモヤが炸裂しております。これ僕が売ったんです!」とドヤ顔で自慢した。

「アメトーーク!」といえば、司会を務めていたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)が闇営業問題で謹慎処分となった。「最近はアメトーーク!に呼ばれていない」という木本は、宮迫を含む13人の吉本芸人ら計15人が謹慎処分を受ける事態となった今回の騒動に「身を引き締めていかないとなと思う」とコメントした。

 さらに、プライベートでは「うちのパーティーに事務所を通さずに来てください」などというイタズラ電話が非通知でかかってきたことを告白。「会社通してもらえないですかね」と答えると「木本アウトー! 今のところ最下位」と言われたという。

 これには「最下位と言われたので、もしトップの人がいるなら、どんなコメントしたのか気になってしゃーない」と話して会場を笑わせた。