「劇団4ドル50セント」この2か月で6人退団 メンバー涙で決意表明

2019年07月03日 16時22分

涙を流す福島雪菜

 秋元康氏(61)がプロデュースする「劇団4ドル50セント」が3日、東京・原宿駅前ステージで、公演「あなたがいなくて僕たちは」(7日まで)の初日公演前に会見を開いた。

 5月からインターネット放送「LINE LIVE」で同名の全6話のドラマを放送しており、今回は“総集編”となっている。メンバーのリアルな姿を描いており、主演の湯川玲菜(18)は「緊張でいっぱいです。来てくれたお客さんが何か一つでも持って帰ってもらえるように、一公演一公演を大切に演じたいと思います」と意気込んだ。

 2017年に旗揚げした劇団4ドル50セントは、今年は激動の一年となっている。5月に4人、6月に2人が立て続けに退団。31人の旗揚げメンバーは現在、22人となった。

 結成から2年がたって変わったことを聞かれた福島雪菜(20)は「随分、変わったなと思っていて。劇団を旅立っちゃった子もいるし…」と突然、涙を流した。「(退団したメンバーと)一緒に今後、頑張ってお仕事できたりとか。みんなで闘志を燃やして頑張っていきたいなという思いはあります」と続けた。

 リーダーの岡田帆乃佳(22)も「もちろん、悲しいです。自分にめっちゃ責任も感じます。私たちも売れて、その子たちも売れて、いい景色がお互いに見られたらなと」と涙ぐんで話した。