田原俊彦 ジャニーさんの回復祈る「第2の親父です」

2019年06月30日 19時00分

新曲発売記念ライブを行った田原俊彦

 歌手の田原俊彦(58)が30日、都内で新曲「好きになってしまいそうだよ」の発売記念ミニライブを行い、1300人のファンの前で、新曲のほか「ハッとして!Good」などヒット曲を含む7曲を披露した。

 今回のシングルは75作目で「ジャニーズにいたときには50曲ぐらい。ジャニーズを卒業してから25年の月日がたちましたが、毎年必ずシングル1枚は出してきた」。ミディアムテンポの曲調で「歌って踊って見せるという、いつもの田原ではないけど、詞の世界を大切にしている」とアピールした。

 6月21日がデビュー日で、40周年を迎えた。「58歳になった今も、こうやってステージに立たせてもらえるのも、みんなジャニーさん(喜多川社長)のおかげ。僕は小さいときに親父を亡くしているので、ジャニーさんが第2の親父です」としみじみ語った。

 そのジャニー氏は6月18日に自宅で倒れ、救急車で都内の病院に緊急搬送されたと報じられている。「心配ですけど、僕はもう外部の人間なんで、何も分からない。詳細は分かりませんが、一日も早く元気になられてほしい」と話した。

 ジャニーズ在籍時代には「ステージングや選曲、演出までこと細かにやっていただき、そばで見てくれていた。僕の中では感謝しかない」と話すように、ジャニー氏の実力を見てきた。「あの方は日本の音楽シーンに必要な方です。一日も早く元気になって、またどこかでお会いしたい」と声を大にした。