はやぶさ、民謡ガールズらが「次世代ワールドホビーフェア」で熱唱

2019年06月29日 18時20分

イベントに登場した「民謡ガールズ」(後列)ら

 新世代歌謡グループ「はやぶさ」、ボーカル&ダンスグループ「民謡ガールズ」、2人組ユニット「ビリケン」が29日、幕張メッセで開催中の「次世代ワールドホビーフェア’19 Summer」の「デュエル・マスターズ」ブースにゲスト出演し、アニメ主題歌を熱唱して会場を盛り上げた。

 最新のゲームやホビーが楽しめる日本最大級のイベントで、今回が50回目。3組とも、テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ」シリーズのオープニング曲などを担当したことがあり、今回のイベント出演となった。

 先頭バッターはビリケンで、4月からのエンディング曲として放送された「ココロノキャンバス」を歌唱。続いて登場したのは、民謡ガールズだ。昨年4月から放送されたシリーズのエンディング曲で、民謡ガールズのファーストシングル「キラリ☆夢音頭」を披露した。

 さらに「次世代ワールドホビーフェア」6回目の出演と、常連になりつつあるはやぶさが登場。現在放送中のオープニング曲「超天フィーバー!」を披露した。ディスコをイメージした曲調とパラパラをほうふつとさせる振り付けに、集まった子供たちも大フィーバーした。

 イベントを終え、民謡ガールズのキャプテン・みのりは「昨年は4人での参加だったのですが、今年は6人なので迫力のあるステージになったと思います。子供たちも大人の皆さんも盛り上がってくださってよかったです」と笑顔。

 また、はやぶさのヤマト(25)は「子供たちはもちろん、大人の皆さんも盛り上がってくださって『はやぶさ』の名前がより浸透してきたのかなと感じました」と手応えを感じた様子だ。

 なお今回、はやぶさが歌唱した「超天フィーバー!」は9月4日にシングル発売が決定。発売に先駆けて7月3日からは「超天フィーバー!」フルコーラスバージョンが配信される。