“禁断愛”報道の村上祐子氏が朝生復帰 やつれを心配する声も…

2019年06月29日 01時56分

村上祐子氏

 テレビ朝日政治部記者の村上祐子氏(40)が28日深夜の同局「朝まで生テレビ!」に復帰した。

 この日のテーマは「激論!G20サミット“米中対立”と日本の覚悟」。村上氏は「こんばんは、村上祐子です。月末最終金曜日、朝まで生テレビ!です」とあいさつ。同局の佐々木亮太アナウンサー(38)が「渡辺(宜嗣)アナウンサーはG20の取材のため、お休みです。私、佐々木がお伝えします」と“代打”を告げたが、村上氏復帰については言及せず、通常通り番組を進行した。

 ネットでは村上氏の復帰を歓迎するツイートのほか、“病的なやつれ”を心配する書き込みもあった。

 村上氏は2001年にテレ朝にアナウンサーとして入社し、06年に同局の男性アナと結婚。15年に政治部に異動し、永田町から現場リポートを伝える一方、11年からMCとして「朝まで生テレビ!」に出演し“現場”の声を生かしてきた。4月15日発売の「週刊ポスト」が「同僚夫は知らない“禁断の職場愛”」と題し、10歳近く年下のNHK政治部の記者との恋愛を報じた。同局は同月23日、定例会見で「プライベートの案件だが、報道情報番組ということもあって総合的に判断した」と村上氏の出演見送りを発表した。