熱愛騒動・壇蜜の芸人トラウマ 霜降り明星・せいやと“関係発展”阻む?

2019年06月28日 11時00分

熱愛報道があった壇蜜

 タレントの壇蜜(38)とお笑いコンビ「霜降り明星」のせいや(26)の熱愛報道が一時、世間を騒がせた。ただ報道に対し、2人はそれぞれ交際を否定。道路に倒れていた高齢男性を介抱した際に、たまたま一緒になったというのだが、2人が恋愛に発展する可能性はあるのか? 本紙が取材を進めたところ、恋人関係になるためには、過去に壇蜜が経験した「お笑い芸人へのトラウマ」を払拭する必要があるという。

“エロスの女王”という肩書で大ブレークした壇蜜と、昨年末「M-1グランプリ」で優勝し、今年大ブレークしている「霜降り明星」のせいやという、意外な2人に出た熱愛報道。とはいえ「南海キャンディーズ」山里亮太と女優・蒼井優が結婚する時代だけに、何が起きるか分からない。

 壇蜜は今月9日放送の情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で「銭湯帰りだったんです」と偶然、せいやが男性を介抱した現場に居合わせただけ、と熱愛を否定。6日に行われた著書「死とエロスの旅」の発売記念会見でも「家が近所なんです。同じスーパーを使ってました」と説明した。

 さらに、恋愛関係に発展する可能性を聞かれると「だって12コも下ですよ? 輝かしい若手の未来をつぶしてはいけない」と言いつつ「私と付き合うとヒモみたいにしちゃうから。飼われてもいい、と思ったら来なさい」と、可能性については否定しなかった。

 この言葉だけを真に受けると、せいやにもチャンスがありそうなものだが…。せいやが壇蜜をゲットするには相当高いハードルがあるとか。

 あるテレビ局関係者は「壇蜜さんは、芸人への警戒心が強いんです」と明かす。

 いったい、過去に何があったのか? 壇蜜のトラウマの原因をつくったのは、なんと、せいやの大先輩にあたる吉本芸人・板尾創路(55)だという。ただ、壇蜜にとって板尾は恩人とも呼べる存在でもある。

「壇蜜がブレークするきっかけとなった映画で共演。役柄は、板尾が壇蜜のご主人様という設定でした」(出版関係者)

 それなら関係は悪くないはず。実際にこんなこともあったとか。

「壇蜜が自宅に恩人である板尾を招き、2人ですき焼きパーティーをしたんです。交際はしていませんでしたが、嫌いな男を自宅に招くはずがないですから」(同)

 だがこの後、壇蜜にとってショックなことがあったという。

「板尾さんが自分の出版イベントで『壇蜜さんとすき焼きをした』と話してしまったんです。もっとも板尾さんにしてみれば恋愛関係にあるわけではないので、問題ないだろうという感じで話したんでしょうが…」(同)

 そうはいっても壇蜜にとっては一大事だった。

「当時はブレークしたばかりのころ。芸能界で生き残っていくために大切な時期だった。そこでプライベートのことをバラされて、芸人に対してトラウマのようなものができたようです。もちろん板尾さんに悪気がなかったのは分かってはいたんですが」(同)

 この“すき焼き事件”があって「芸人はおしゃべり」という思いが、壇蜜に刷り込まれてしまったというわけ。壇蜜とせいやの関係が、山里と蒼井のように発展するためには、このトラウマを払拭する必要がありそうだ。