吉本興業が“闇営業”再発防止へ芸人を再教育

2019年06月27日 17時00分

 反社会的勢力の忘年会に、会社を通さない“闇営業”で出席した芸人らが無期限謹慎処分を受けた問題を受けて、吉本興業が再発防止の教育活動に乗り出すと複数のスポーツ紙が伝えた。26日に都内の事務所で一部芸人を対象にコンプライアンス研修を行ったといい、27日からは4日間を費やして1000人近くの若手芸人に研修を施すとの報道もある。

 闇営業を巡っては、それ自体は芸人と所属事務所間の問題であり、法に触れる事案ではないとの指摘もテレビでコメンテーターらからなされている。とはいえ、金銭授受がからめば脱税に問われる可能性もあり、相手が反社会的勢力ならより深刻だ。数々の問題をはらむ闇営業とあって、吉本側も素早い対応を取ったものとみられる。