安藤優子 丸山穂高議員を一蹴「あれは議論ではなく酔っ払った末の醜態」

2019年06月26日 17時12分

丸山議員

 26日のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」は、内閣不信任案採決のため25日に国会に姿を現した丸山穂高衆院議員(35)を取り上げた。

 丸山議員は北方領土について「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか、反対ですか」などと元島民に酔っ払ってからんだことが大騒動となり、5月24日に「2か月の休養が必要」との診断書を国会に提出していた。

 1か月でスピード復帰した丸山議員は取材に対応。体調が万全ではないとした上で「ブレずにしっかりと仕事をしていくことで任期を全うしたい」と改めて辞職を否定。武力で領土を取り戻すことは自身の政治思想かと聞かれると、「何度も申し上げているようにそれは一つの議論だと思う。私自身がそうだということではない」と持論を繰り返した。

 MCの安藤優子(60)は「多様な議論って言ってるけど、丸山さんが国後島でした発言って、酔っ払ってからんでいるだけなの。あれを多様な議論と言ったら一般の人たちは笑っちゃいますよ」と一蹴。さらに「誤解というか、その感覚がおかしいのは、議論ではなく、あれは酔っ払った末の醜態だというのを自覚すべきだと思いますよ。あれは議論ではありません」と語気を強めた。