「ザブングル」も謹慎処分 吉本タレントと同じ忘年会に出席し金銭授受

2019年06月24日 20時08分

「ザブングル」の松尾陽介(左)と加藤歩

 芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」は24日、所属するお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)と加藤歩(44)を反社会的勢力が主催する会合に参加し、金銭を受領したとして当面の間、謹慎処分とすると発表した。

 この日、吉本興業が「カラテカ」入江慎也(42=契約解除)が仲介人となって、詐欺グループの会合に出席し、ギャラをもらったとして「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)ら11人を当面の間、活動を停止、謹慎処分とすることを発表した。

 ザブングルも同じ会合に出席していたといい、ヒアリングを行ったところ、番組などで日頃から世話になっている「他事務所の先輩芸人」から誘われ、「お断りすることは失礼にあたるということ」と参加する先輩芸人が「存じ上げている方ばかりだった」ことから信用してしまい、急な話だったため事務所に報告・確認をせず、引き受けてしまったという。

 また、報道されている額とは異なるものの、連絡をしてきた先輩芸人から直接金銭を受け取ったという。

 ワタナベエンターテインメントは「その会合が反社会的勢力の主催であったことの認識は当人たちになかったとはいえ、コンプライアンス違反と社内にて重く受け止め、今回の処分に至った次第です」と説明した。

 さらに「日頃から所属タレント及び、社員に対して、コンプライアンスの遵守を徹底してまいりましたが、このような処分に至り、それが不十分であったと責任を重く受け止めております」とし「この度は、関係各位、応援してくださっている皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「二度とこのような事態が起こらないよう、改めて、所属タレントのコンプライアンスの遵守、意識向上をより一層徹底させて参ります」と再発防止を宣言した。

 ザブングルはグループとして、以下のような謝罪コメントを発表した。

 この度は、いつもお世話になっております関係者の皆様、応援してくださっている皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。お世話になっている他事務所の先輩の急なお誘いとはいえ、事務所に相談・報告することなく参加してしまった自身の認識不足、認識の甘さにより、このようなことになり本当に申し訳ございませんでした。相手先が反社会勢力の団体とは知らずとはいえ、そのような場に不用意に参加してしまいましたこと、深く反省しております。二度とこのようなことのないようにいたします。