“グラドル専門誌”創刊の勝負度合い

2019年06月24日 17時00分

創刊号の表紙を飾る(左から)藤田恵名、月城まゆ、久松かおり

 水着を堪能するのは紙媒体か、ネットか――。

 グラドルのみを取り上げる専門誌「グラビアプレス」が7月1日、創刊される。版元は秀麗出版という都内の小さな出版社だ。

 創刊号の表紙を飾るのは、「ミス東スポ2014」グランプリでシンガー・ソングライターの藤田恵名(28=T160・B90・W60・H90)、グラドルの月城まゆ(24=T160・B86・W58・H88)、久松かおり(24=T153・B92・W61・H86)。3人は22日に都内で行われた創刊記念イベントに登場した。

 藤田は、ネット全盛の令和に新たな雑誌が世に出ることに「紙が売れない時代というのは我々タレントも把握している。(表紙に)起用していただくのは光栄」とニッコリ。久松はグラドルとしてのストロングポイントを聞かれ、「ストロングポイントって何ですか?」と逆質問して報道陣を苦笑いさせた。意味を理解すると赤面し、「(グラビアを通して)女性らしさを見せられるのが強み」と語った。

 関係者によれば、来月に創刊するにもかかわらず、「週刊か月刊かまだ決まっていなく、創刊号の売り上げを見て判断する」という。

「新聞社、出版社の各社、電子版(ネット版)に力を入れて紙との共存を図っている。グラビアに関してもネット上には星の数ほど流布していて、グラビア誌も厳しい時代。そんな時代にあって紙で売ろうとする今回の創刊はある意味、勇気がある」(出版関係者)

 平成でも幾多の雑誌が生まれ、消えていった。世の男性陣としてはキュートなグラドルを迫力ある誌面で拝めるのはうれしいが、果たして定着するか。