仮面女子・胡桃そら 生誕祭で「虫いただきます」

2019年06月21日 18時09分

左から鷹藤ひの、窪田美沙、胡桃そら、月野もあ、野咲わか、百瀬ひとみ

 6月5日に22歳の誕生日を迎えた仮面女子の胡桃そら(アーマーガールズ)がこのほど、東京・秋葉原の仮面女子カフェで生誕祭ライブを行った。

 テーマは「V系」とあって、メンバーはビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」に扮して登場。胡桃は「鬼龍院そら」になりきって、ギターを演奏。喜矢武ひの(鷹藤ひの)は曲中にスイカ早食い、樽美酒美沙(窪田美沙)は珍妙な動きで会場を沸かせた。

 胡桃はテレビ朝日系「陸海空こんなところでヤバいバル」に出演し、クモを食べたり、カエルをさばくなど、型破りな行動が話題になった。生誕ケーキの場面では「ハッピーバースデー」の合唱の中、“虫の盛り合わせ”が登場。メンバーは悲鳴を上げながら虫食いをクリアした。

「番組で私のことを知ってくれて、ライブとか生誕祭に来てくれた方がいました」とヤバいバル効果があったという。最後のあいさつでは「もっとテレビに出たい。有名になって、(SNSで)バズって私を、仮面女子を知ってもらいたい。そしてファンの方に見たことがない景色を見せてあげたい」とさらなる飛躍を誓った。