吉沢亮にイケメンDNA? カッコよくなる秘訣は「ちゃんと食べて寝る」

2019年06月21日 16時22分

写真集を手に笑顔の吉沢亮

 俳優・吉沢亮(25)が、写真集「Departure」の発売を記念した「吉沢亮 写真展 2019」を21日、東京・渋谷の「HMV&BOOKS SHIBUYA」でスタートさせた。

 この写真集は、吉沢の俳優生活10周年を記念して作られたもの。吉沢の憧れの都市である英国のロンドンをはじめフランス・パリ、ベルギー・ブリュッセルなど、3か国で撮影を行った。

「ロンドンは舞台が盛んで、素晴らしい舞台が多いイメージ。いつか行ってみたかった」。気に入った場所はパリだそうで「やっぱり分かりやすくオシャレだなと思って、好きでしたね」と言う。

 この日は、吉沢がデビューするきっかけとなった「アミューズ全国オーディション2009」の最終選考が実施された2009年6月21日から、ちょうど10年という節目。「あっという間だった。もう10年もたったというか、逆にちょっとあせる。10年分の成長をちゃんとできてるのか?『この漢字分からないな』とか。もう25なんだから、そういうミスを減らしたい」

 またイケメンで知られ、“ほほ笑み王子”の異名を取る吉沢に「なんでそんなカッコいいんですか?」と質問が飛ぶと、「遺伝ですかね? でも男4人兄弟で、僕だけなんですよ。ちょっとカッコいいのは」。さらにカッコよくなる秘訣について聞かれると「ちゃんと食べて寝る。ハイ!」と答えていた。

 この写真展は、同所では7月15日まで開催されるほか、全国6都市で9月1日まで行われる。