85歳にして現役女優・草笛光子の秘密 驚異の体力の裏にイチロー流ルーティン

2019年06月21日 17時00分

舞台で共演する(右から)市村正親、草笛光子、堀部圭亮

 市村正親(70)、草笛光子(85)、堀部圭亮(53)が20日、東京・新宿区の紀伊国屋ホールで行われる舞台「ドライビング・ミス・デイジー」(22日~7月15日)の舞台稽古取材会を行った。

 老齢のユダヤ人未亡人(草笛)と黒人の運転手(市村)の交流をユーモラスに描く同戯曲は、1987年にピュリツァー賞を受賞した名作だ。

 物語は、72歳の未亡人が運転中に事故を起こすところから始まるが、まさに昨今、社会問題になっている高齢者ドライバーをほうふつとさせる。それだけに草笛は「今、世間をにぎわせていることをいきなりやるので冷や汗ですよ」と困惑を隠せない。新聞で高齢者ドライバーの事故を見るたびにゾッとするという。

 70歳になる市村も妻で女優の篠原涼子(45)から「あんまり運転しない方がいいと言われた」と明かした。

 そういう2人は、声の張りといい、一つひとつの立ち居振る舞いといい、まったく老いを感じさせない。とりわけ85歳の草笛は驚異的だろう。本人は「大役をいただいて、大変な思いで頭がいっぱい」と謙遜しながらも「大切なお仕事なのでこの年なりに頑張りたいです」と気合十分だ。

 芸能関係者が明かす。

「草笛が健康に気をつけているのは確かですが、やはり抜群にすごいのは舞台での集中力ですよ。年齢を忘れるほど役に入り込むので老いを感じさせないのだと思います。参考にしているのが元メジャーリーガーのイチローのルーティンらしい」

 さまざまな記録を打ち立てたイチロー氏のプレーの裏には、日々のルーティンがあったことは有名な話。草笛も舞台本番前に、関係者をシャットアウトし、1人になる時間をつくるなどのルーティンで集中力を高めているのだという。同関係者は「このままいけば90歳で舞台に立つのも夢ではありません」と話している。