宇垣美里はイントネーションに不安「いつもアナウンス辞典を持ち歩いている」

2019年06月19日 12時30分

イベントに登場した宇垣美里

 同志社大ミスキャンパスの肩書を引っさげ、鳴り物入りでTBSに入社。アイドルアナとして活躍し、今春からタレントに転身した宇垣美里(28)が19日、東京・港区の六本木ヒルズ内ヒルズカフェで行われた「ブラックニッカ 3 スタイルズバー」PR発表会(アサヒビール主催)に出席した。

 紺のシースルードレスで登場した宇垣は「関西出身(兵庫・神戸市)で、イントネーションに不安があるので、いつもアナウンス辞典を持ち歩いている」と、意外な一面を明かした。コスプレやグラビアの話題ばかりが先行するが、根は真面目らしい。

 私生活では「ちょっとでも時間があったら一人旅に行く。昨年末はドイツ、4月にはイタリアに行った」とコメント。「先日の父の日には、何も贈っていない。ハンカチ、ネクタイなど一周してしまったので、今年はお酒がピッタリかも」と、父親に大人気のニッカウイスキーを贈る予定だ。

 同バーは20日から7月7日まで期間限定オープン。「ブラックニッカ クリア」「ブラックニッカ リッチブレンド」「ブラックニッカ ディープブレンド」を中心に、多様なメニューを提供する。ウイスキーブームを受け、ブラックニッカブランドは2012年から6年連続で売り上げを更新。出荷函数で1・5倍超となった。今年度も最高売り上げ更新を目指す。