小室安未「忖度しない姿勢」を武器に令和を象徴するモデルに

2019年06月18日 10時00分

小室安未がCanCam専属モデルに

 恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(Netflix)で人気を博した小室安未(22)が、ファッション誌「CanCam」8月号(22日発売)から新たに専属モデルを務めることが18日、わかった。

 小室は2017年〜18年に放送された「テラスハウス」の軽井沢編に出演。ドキッとするほどの飾らない本音スタイルが、女性視聴者の共感を呼んだ。

 CanCamでは「令和」を象徴するモデルとして起用を決めたといい、高田浩樹編集長は「丸くて大きな瞳が印象的。驚くほどの小顔で、バランスも抜群です」とルックスを絶賛した上で「何よりも魅力的なのはそのキャラクター。女性たちから支持されている“素直な自分”を出すことに臆さないその姿勢は、忖度しないこれからの時代を象徴している存在ではないでしょうか」と説明した。

 一方、中学時代からモデルを目指していたという小室は「大学卒業後は“普通に就職しようかな”と思ったこともありましたが、テラハのオーディションで出会ったモデルを見て“やっぱりモデルになりたい”と決意しました」とコメント。CanCamの専属モデルを務めることで、夢が実現するわけだが「一番信じられなかったのは私自身」と素直に喜んだ。