テツandトモが絶賛したラグビー元日本代表・畠山のトーク力

2019年06月17日 17時00分

畠山(左から2番目)のトークに、小池百合子都知事(左)やテツandトモ(右)、山崎(中)は大ウケ

「なんでだろう~」のネタで知られるお笑いコンビ「テツandトモ」、ラグビー元日本代表の畠山健介(33)らが16日、都内で行われた「ラグビーワールドカップ2019日本大会 100日前イベント」に出席した。

 W杯開幕戦の日本対ロシアが行われる9月20日まで、いよいよ100日を切った。司会者から「あまりラグビーのイメージはないですが」と振られるとテツは「ちょっと待ってくださいよ! ラグビーのボールと顔の形がそっくりじゃないですか」と、自身の長い顔を強調してみせた。

 イベントでは「ラグビーの選手は試合の前にもかかわらず号泣してるの、なんでだろう~」という、この日限定のネタを披露。続けてテツが畠山に「なんでなんですか?」と聞くと、「メチャクチャ怖いから…」と回答した。

 だがしばらくして、畠山が回答したマイクのスイッチが入っていなかったことが発覚。「聞こえてなかった人もいるので」と再び回答を求めると「やっぱり仲間のために、自然と涙がこぼれます」。これには「さっきと言ってること違うじゃないですか!」とツッコんでいたが、畠山のとっさの機転に2人は「うまい!」と絶賛していた。

 畠山は女優の山崎紘菜、「アンジャッシュ」渡部建とともに東京都の開催都市特別サポーターに選ばれている。そのPRポスターが披露されると、畠山は「写真を撮った時、カメラマンさんが五郎丸(歩)の方が良かったのか、舌打ちが多かった」と笑わせる一幕も。

 イベント関係者は「プロの芸人を感心させるトーク力の持ち主。W杯に向けテレビやイベントに引っ張りダコになるのは間違いない」と絶賛した。4年前のイングランド大会では、日本が南アフリカを破った歴史的な試合でも先発出場した畠山だが、今年はピッチ外で大いに活躍してくれそうだ。