CMデビューした長女を全面アピール 木下優樹菜が最強の“ステージママ”に?

2019年06月17日 17時00分

ママタレントの木下優樹菜

 ママタレントとして人気の木下優樹菜(31)の“ステージママ”としての手腕に期待がかかっている。夫のお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)も含めて、一家で活躍の日も近い!?

 2012年に長女、15年に次女を出産した木下は先日、自身のインスタグラムで、長女がCMデビューしたことを報告。親子共演ではないそうで、木下は「ママは裏方」とコメントしている。

「CMに関しては本当に娘のバックアップに回っている。子役には事務所、親のサポートが欠かせないが、芸能界を知り尽くしている木下にとってはうってつけの役。交渉から的確なアドバイスまで、最強のステージママになれる可能性がある」と芸能関係者。

 木下は16日、都内で美容フェス「Beautycon Tokyo」に花柄の上品なワンピースで登場。最先端のメークやファッションの話題を中心にトークを展開しつつ、“売り出し中”の長女について触れることも忘れなかった。

「私の6歳の娘が、いまメークに興味を持っていて。おもちゃじゃなくて『ママ、このパレットが欲しい』って言う。生まれた時から現場を見ていて、海外でヘアメークさんの仕事をしたいって言っている。だから今、彼女の意志で英語の学校に行っている」と明かした。長女は2歳の時からインターナショナルプリスクールに通い、英語を学習しているという。

 さらに「彼女たち(娘)ってまだメークの知識がないのに、自分で思考錯誤してやったのを見るとすごく勉強になる」と目を細めた。

 木下が“主役”のイベントにもかかわらず、娘のこともきっちりアピール。さすがだ。