「ミラーマン」石田信之さんが68歳で死去 14年からがん闘病

2019年06月16日 14時04分

石田信之さん

 俳優の石田信之さんが13日午後3時47分、大腸がんからの多臓器転移のため、川崎市内の病院で死去したことが16日、わかった。68歳だった。所属事務所が発表したもので、葬儀はこの日、近親者のみで執り行われた。

 石田さんは1968年に東宝芸能学校に入り、翌69年、明治座で上演された「上意討ち」で初舞台。70年にはTBS系「柔道一直線」で大沢健二役を務め、さらに71年から72年にかけて放送されたフジテレビ系「ミラーマン」の鏡京太郎役でお茶の間の人気者になった。

 2014年に大腸がんが見つかり、肝臓にも転移するなど進行がんで、同時に原発性による胃がんも発症。数十度の手術を行ったという。発病後も映画やドラマに出演したが、ついに力尽きた。