たけし「バレちゃったんだよ」と離婚に言及「自分の事務所だから闇営業もできない」

2019年06月15日 22時20分

ビートたけし

 タレントのビートたけし(72)が15日、司会を務めるTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」で、約40年間連れ添った元妻・幹子さんとの協議離婚が成立したことに言及した。

 たけしは「お金取られた」などと歌いながら登場し、コマネチのポーズを決めると「これ、離婚体操」。続けて「別に狂ったわけではありません。バレちゃったんだよ」と言って、泣くようなしぐさを見せた。

 さらに「老後に2000万円必要だとか言ってるけど、俺も2000万円稼がなきゃ。自分の事務所だから闇営業もできない。闇も何も俺一人しかいないんだから。カラテカの入江にも頼めないよ」と頭をかいた。

 同じく司会を務める安住紳一郎アナウンサー(45)から「以前は月に一回ぐらい、奥さんと食事に行ってるとかおっしゃってたじゃないですか」と聞かれると「あの時は小遣いもらいに行ってたの」と説明。「この番組を毎週(奥さんが)見てるともおっしゃってた」と問われると「あれは悪口をチェックしてたの。悪口1回、10万円」と答えた。

 再婚について「ない」と即答。また、お金についても「ない」と明言し「ないということは、どっかにいってる。調べたら分かる」と話した。

 残ったのは「家だけ。あと、犬小屋」といい「笑うしかない。カラテカ入江、頼むぞ」と話したたけしに、安住アナは「心中お察しします」と言うしかなかった。