浅野忠信 銭形警部スタイルでモンキー・パンチさん追悼

2019年06月14日 16時56分

黒のハットとトレンチコートで参列した浅野忠信

 4月に肺炎のため死去した人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家モンキー・パンチさん(本名加藤一彦=享年81)をしのぶ会が14日、東京・港区の青山葬儀所で開かれた。

 実写映画(2014年)でルパンを演じた俳優・小栗旬(36)はオファーについて「できれば手を出したくなかった」と苦笑。それでもモンキー・パンチさんから「やってみようか」と背中を押され、夢中で演じた。撮影現場では「ルパンがいるじゃないか~」と言われたそうで、自信になったに違いない。「今となってはいい思い出」と感謝した。

 浅野忠信(45)は、同映画で演じた銭形警部をイメージした黒のハットとトレンチコートで参列。「失礼かとは思ったが、先生に(銭形を)感じてもらえたら」と意図を明かした。

 会場には、「ルパン三世」のイメージカラーである赤にちなみ、バラなど約3000本の真っ赤な花で覆われた祭壇が設置され、ほほ笑むモンキー・パンチさんの遺影が飾られた。