モンキー・パンチさんが栗田貫一に語った「峰不二子の正体」

2019年06月14日 16時51分

弔辞を読んだ栗田寛一

 4月に肺炎のため死去した人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家モンキー・パンチさん(本名加藤一彦=享年81)をしのぶ会が14日、東京・港区の青山葬儀所で開かれた。

 アニメ版でルパンの声優を務めたタレントの栗田貫一(61)が弔辞を読んだ。

 栗田は「(声優のオファーを)お断りしたことから始まったことを思い出す」と回顧。モンキー・パンチさんには「何も心配しなくていいですよ」と声をかけられたという。

 紅一点のキャラクター・峰不二子について、モンキー・パンチさんから好きだった女性がモデルだったとの逸話を聞いたと告白。モンキー・パンチさんから「おっぱいが大きくて、奇麗な人なんだ」と言われたそうで、栗田が「会ってみたいです」と返すと、「会わないほうがいいよ」と、まさかの回答があったことを明かした。