仮面女子・猪狩ともかが訴えた“切実なトイレ事情”

2019年06月14日 16時46分

トイレ事情を訴えた猪狩ともか

 車椅子で活動する「仮面女子」の猪狩ともか(27=スチームガールズ)が、自身のブログで切実なトイレ事情を訴えた。

 昨年4月、不慮の事故に遭い脊髄損傷となった猪狩は背骨を固定するボルトを抜くため12日に入院。翌13日、ツイッターで「問題なく手術終わりました!!」と報告した。

 入院中の12日に「トイレの背もたれ激しく求む!!」のタイトルで投稿。慣れない環境で大変なこととして「ベッド周り、トイレ、お風呂」を挙げた。その中で、トイレについて「病院に限らず、いろいろな場所の多目的トイレで、ほとんど、背もたれがないんです」と指摘。猪狩は多目的トイレの画像とともに「わたしは体幹にも障害がある為、背もたれがないと座位バランスを保つことが難しいです。だから背もたれめっっっちゃ重要!!」と説明した。

 病院ではクッションを挟むことで対応してもらったという。猪狩は背もたれの重要性を重ねて説き「トイレ会社の方や管理者の方や病院関係者の方、トイレ関係者の皆様、こうしてちょっとした工夫で助かる人もいることを知ってくれたら嬉しいです」とつづった。車椅子生活を送る女性としての視点から切実な問題を訴えながら、最後は「まあ……。アイドルはトイレ行かないんですけどね」とユーモアで締めくくった。