72歳・尾木ママが免許自主返納で“啓蒙”も残る地方の高齢ドライバーの課題

2019年06月13日 10時23分

尾木ママ

 教育評論家の尾木直樹氏(72)が12日、ブログを更新した。

 尾木ママは高齢ドライバーの事故が多発している中で、啓蒙の意味を込めて11日に運転免許を自主返納した。


「都市部で返納を迷っている高齢者の方へ」と題した尾木ママは改めて思いをつづった。

「尾木ママは昨日地元警察に返納しました! 交通網が発達しているのになかなか免許を手放せない人の決断の後押しになればと敢えて返納を公開してみなさんで考える契機になればと願っています!」

 現在の心境は“ストレスフリー”といい「手離すと運転の緊張感不要ですから大変な安心 大変な解放感 何者にも代え難いですよ」と訴えた。

 一方で、尾木ママの行動は交通網の発達した都市部だから可能という指摘も相次いでいる。

 これに対しては「地方の交通手段確保の問題は深刻です」と認めた。

「中にはさまざまな工夫 知恵出している自治体もありますーーみなさんの体験 みなさんの知恵ありましたらどうぞ教えてくださいませ!安心 安全な地域作り考えたいです!」と情報の共有を呼びかけた。