松本人志 “闇営業”でノーギャラは「正直言うと、ないと思う」

2019年06月09日 13時37分

松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(55)が9日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、お笑いコンビ「カラテカ」入江慎也(42)が、反社会勢力の忘年会に所属事務所を通さずに芸人を参加させる“闇営業”を行ったとして吉本興業から契約解除されたことに言及した。

 この件では入江をはじめ、参加したとされる「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)らが謝罪した上で、ギャラはもらっていないと主張している。しかし、ネット上などで「ギャラをもらわないなんてあり得るのか」という疑問の声が上がっている。

 松本は、その点を問われ「正直言うと、ないと思いますね。何らかのお金は受けていると。どういうふうに分配されたかは分からないけど」と持論を展開。さらに「宮迫でいうと、お金どうこうじゃなくて、入江に頼まれてパッと顔を出したというのは想像できますね」としつつ「一切お金なしに、あれだけのパーティー、あれだけのサービスするっていうのは、ボクはないと思う」と続けた。

 また「入江から連絡があって『ちょっと顔を出してください』と言われたら(行くことは)ありますね。お金はもらわないだろうけど」とも付け加えた。