テリー伊藤氏 兄の書類送検を謝罪「証明書を見なかったのは大きな落ち度」

2019年06月09日 12時55分

テリー伊藤氏

 演出家のテリー伊藤氏(69)が9日、TBS系情報バラエティー「サンデー・ジャポン」に出演。兄で東京・築地場外市場にある卵焼き店「丸武」の伊藤光男社長(79)が書類送検された件について謝罪した。

 光男社長は、2009年9月から今年3月まで約9年半にわたり不法滞在で就労資格がないと知りながら、中国人男女2人を店舗で働かせたとして入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検された。

 テリー氏は前日(8日)に兄と連絡を取ったといい「落ち込んでいた」と明かした。続けて「兄によると当該店員は最初はビザを持っており、更新の際に何度も確認していたが、そのたびに『(更新)した』と答えていた」と説明。

 しかし「証明書を見なかったのは(兄の)落ち度。反省してほしい」と光男社長の責任に言及。さらに「息子の代になるし、もう一度頑張ってやってほしい」とエールを送りつつ、最後は「皆さんにお騒がせしたことを謝りたいと思います」と頭を下げた。

「丸武」はテリー氏の祖父の代から80年以上続く名店で、同番組をはじめ多くのマスコミに取り上げられていた。光男社長もテリー氏が出演する番組に「アニー伊藤」の愛称で出演していた。