しずちゃん「どうも蒼井優です」 山ちゃん電撃婚でボケる

2019年06月08日 15時03分

左から山崎静代、木内みどり、浅田美代子

「どうも蒼井優です」。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」山崎静代(40)が、相方・山里亮太(42)と女優・蒼井優(33)の電撃婚をネタにボケ倒した。

 8日、都内で行われた浅田美代子(63)主演映画「エリカ38」の舞台あいさつに登場し、冒頭の自己紹介でひとつかみ。浅田から「ひどい! 似てない」と突っ込まれ「実際に見たら、蒼井優って結構大きいんですよ」と苦笑いを浮かべた。

 しずちゃんは2人を結びつけたキューピッド。独身の浅田は「無事に映画が公開されて、私はひと段落ついた。この機会にしずちゃんとLINEを交換したので、キューピッドをお願いしたい」とリクエストした。

 これにしずちゃんは「誰かいたかなぁ? しょうもない芸人しかいない」とポツリ。浅田から「考えといてくださいね!」と念を押され、困惑の表情を浮かべた。

 映画は昨年9月に亡くなった樹木希林さん(享年75)がプロデュースした最初で最後の作品。2017年4月に架空の投資話で金銭をだまし取った、“つなぎ融資の女王”こと山辺節子(64)の事件がモチーフになっており、希林さんが「主役は浅田美代子しかいない」と猛プッシュして実写化された。

 浅田は「一昨日、希林さんのお墓参りをして『ありがとうございます。明日封切りです』と言ってきました。希林さんも喜んでくれていると思います」と感無量だった。