有田芳生氏 安倍首相のダブル選挙戦略は相次ぐ失策で八方ふさがりと指摘

2019年06月06日 09時17分

有田氏

 立憲民主党の有田芳生氏(67)が6日、ツイッターを更新した。

 有田氏は安倍晋三首相(64)が描く、選挙戦略に言及。政局で大きな成果を出し、その勢いで衆参ダブル選挙を行う思惑があったものの、相次ぐ失敗で暗礁に乗り上げていることを示唆した。

「はじめはロシアと北方領土2島返還を6月に合意してダブル選挙に打って出るつもりだった。それがそもそもの勘違い。つぎに北朝鮮との首脳会談で数人の日本人を帰国させてダブル選挙を模索したが、それもムリ。かくて同時選挙への願望だけ残り、そこに理屈をどうつけるか。これが安倍首相の心情だろう」と皮肉を込めてつづった。