哀川翔 山ちゃんと仕事したばかり「まるっきりそんなそぶりなかった」

2019年06月05日 18時26分

哀川翔

“Vシネマの帝王”の異名を取る俳優・哀川翔(58)が5日、東京・台東区浅草で行われた、イケメン俥夫(しゃふ)ユニット「東京力車」(石橋拓也=27、渡邉善央=23、白上一成=25、田井裕一=25、山田和則=21)のシングル「唯我独尊 SOUL」発売記念イベントに駆けつけた。

 5人は浅草で人力車を引きながらライブ活動を続けており、目標は哀川が所属していた「一世風靡セピア」だ。今回、一世風靡セピアのヒット曲「前略、道の上より」をカバーした。

 哀川は「俺たちもデビュー時は皆、職業持っていて両方やっていた。ライブやレコーディングで忙しくなり、にっちもさっちもいかなくなってやめた。そのへんも似てるね。忙しくなるまでやった方がいいよ」とコメント。「まだ若いからスキャンダルもいいんじゃない? 余計なことをしなければいい。コソコソやるからスキャンダルになる。隠れてやるとダメ」と芸能界の先輩としてアドバイスを送った。

 また、人気女優・蒼井優(33)と結婚したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(42)について「先日、山ちゃんと仕事したばかりけど、まるっきり、そんなそぶりなかったよ。2か月の交際でしょ。分かるわけない、そんなの。とにかくめでたいね」と祝福した。