竹田恒泰氏 大炎上の岩屋防衛相に大臣失格の烙印「どれだけ悪影響が及ぶことか」

2019年06月05日 09時12分

竹田氏

 明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏が5日、ツイッターを更新し、岩屋毅防衛相(61)に大臣失格の烙印を押した。

 岩屋氏は1日、シンガポールで韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と会談した。

 ところが、肝心のレーダー照射問題を韓国側から「事実無根」と一蹴されたにもかかわらず、追及を怠り、おまけに笑顔で握手を交わすなど、その言動は防衛相の理想像とは程遠いものだった。

 ネット上では批判が殺到しているが、竹田氏はそれに理解を示し「岩屋大臣は韓国に、誤ったメッセージを送ってしまった。国防の現場にどれだけ大きな悪影響が及ぶことか。実に嘆かわしい」と深いため息を漏らした。