和泉元彌 チョコプラ長田のものまねに「型が違うのは許せなかった」

2019年06月04日 15時35分

和泉元彌

 狂言師の和泉元彌(45)が4日、都内で行われたディズニー映画「メリー・ポピンズ リターンズ」のMovieNEX発売記念イベントにゲストとして出席した。

 和泉は、チョコレートプラネット」長田庄平(39)のものまねで話題だが、イベントではそろりそろりと登場せず「すり足していない和泉元彌は新鮮かと思う」と笑わせた。

 長田のネタは「正式に非公認にしている」と明かしつつ、その完成度は「似ている」と苦笑しながら評価。「周りから(長田に)『寄せてる?』と言われる。僕がホンモノ!」と訴えた。

 長田には「(狂言で)『そろりそろり』をあれだけ連呼することはない。1年以上(あのネタで)闘っているのはすごい根性だなと感服している」と話した。

 一方、狂言師としての矜持がある。長田のネタを初めて見た時「(狂言の)型が違うのは許せなかった。和泉宗家(の型)じゃないと分かった」とチクリチクリと指摘。昨年12月に放送されたテレビ朝日系「金曜☆ロンドンハーツ」スペシャルで初共演した際、直々に狂言を指導したという。

 この日は和泉の誕生日。イベントではサプライズで、妻でタレントの羽野晶紀(50)、長女(17)からの手紙が朗読され、ポロリポロリと号泣した。

 映画は「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた作品で、5日に発売される。