「元気になった」磯野貴理子 心配される体調管理

2019年06月03日 17時00分

つば九郎に首を絞められる磯野貴理子

 タレント・磯野貴理子(55)らが2日、都内で行われた配信ドラマ「つばめ刑事」(3日スタート)の上映会に登場した。

 磯野は先月19日に放送されたフジテレビ系バラエティー「はやく起きた朝は…」で、24歳下の一般男性A氏と離婚することを発表した。バツ2となった。

 離婚した時期などは非公表だったが、磯野は上映会で「ついこの間離婚した。おかげさまでこんなに元気になった」と報告。退場時には報道陣から質問が飛んだが、これには答えなかった。

 今回の離婚劇で特徴的なのは、A氏に批判が殺到したこと。約7年続いた結婚生活にピリオドが打たれた理由は、A氏が子供を望んだのが大きな要因。しかし、入籍時点で磯野が出産するには高齢であることは明らかだっただけに、ネット上でA氏に対し「勝手すぎる」とブーイングの嵐が吹き荒れた。

 一方で、磯野がA氏に救われたことがあるのも事実。再婚後、大好きなお酒を浴びるように飲む不摂生な生活を続けた結果、2014年10月に脳梗塞を発症。異変に気づいて救急車を呼んだのがA氏だった。事の重大さを感じなかった磯野は医師から「異変に気付かなければ亡くなったでしょう」と告げられ、命の危険が迫っていたことをようやく悟り、その後、生活を改めたという。

「逆にいえば、あの時独身だったら最悪の事態になっていたかもしれない。独り身に戻ったから、より一層、自己管理が求められる。マネジャーがいるとはいえ、私生活まで監視しきれない」(ワイドショー関係者)

 幸いにも親友で「はやく――」で共演する松居直美(51)が「私たちが一生面倒をみるから」と断言。同じく共演の森尾由美(52)とともにサポートすると約束した。今回の離婚で応援するファンが急増しただけに、体調には十分注意してほしいところだ。