高須院長 大腸がん手術を報告 がん手術は7回目

2019年05月31日 14時05分

高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が31日、ツイッターを更新した。

 がん手術のため入院中の高須院長は「大腸内視鏡手術終了。腫瘍も取れた 機嫌よし。なう」とベッド上から笑顔で報告した。

 前日には、ぼうこうがんの手術を行い、泌尿器科、外科と診療科をまたいでの大がかりな手術だった。

 がんの手術は7回目で、高須院長は全身がんと一進一退の攻防を繰り広げながらも、病魔と懸命に闘っている。