元SKE・松村香織、蝶野らがダービー予想合戦!大スポ×阪神競馬場「日本ダービーDynamites!!」

2019年05月27日 16時38分

ダービー予想で笑顔を見せた松村香織

 発刊55周年を迎えた本紙・大阪発行「大阪スポーツ」が26日、開場70周年を迎えた阪神競馬場で「日本ダービーDynamites!!」を開催した。

 パドックに特設リングを設置し、女子プロレスラーによるプロレスが行われたほか、タレントで元SKE48の松村香織(29)、2000年の日本ダービーをアグネスフライトで制した長浜博之元調教師らの予想合戦が繰り広げられた。

 メインイベントの「仁川クライマックス」では、プロレスラー・武藤敬司(56)、蝶野正洋(55)が登場。ダービー予想のあと、船木誠勝、冨宅飛駈の武藤軍と、マグニチュード岸和田、大スポキッドの蝶野軍に分かれてプロレスが行われた。

 歴戦の猛者2人を送り込み「本気で勝ちに行ってんだよ」とニヤリの武藤に、蝶野は「何でこんな強い2人を連れてんだ? おかしいじゃん」と不満タラタラ。蝶野の予想通り、大スポキッドがボコボコにされる展開となったが、終盤には、シャイニングウィザードやムーンサルトを繰り出し反撃。最後は大スポキッドが、大スポ55周年スプラッシュで勝利した。

 プロレスの後は参加者全員でダービーを観戦。波乱の結末に馬券はガッカリとなったが「1、2、3、ダービー!」の掛け声で締めくくった。