お笑い界注目「キングオブコント2019」 ハナコVS霜降り明星の実現の可能性

2019年05月24日 17時00分

会見には前年ファイナリストが集結

 コント日本一を決める「キングオブコント2019」の開催発表会見が23日、東京・TBSで行われ、昨年の同大会で決勝進出したハナコ、チョコレートプラネット、マヂカルラブリーが出席した。

 同大会は6月に予選がスタートし、9月5~6日に準決勝を開催。今秋に行われる決勝戦は、TBS系列での生放送が決まっている。

 昨年、優勝したお笑いトリオ・ハナコの秋山寛貴は「あの一夜で変わりまして、あの週からバイトも辞めました。お仕事もジワジワ増えつつあります」。秋山の地元・岡山では、初の冠番組が始まったという。

 ハナコは一時、連覇を狙って今年も出場すると言われていたが、秋山はこの日「まだ悩んでおります。ネタは虎視眈々と作ってはいるんですが」と明言せず。

 ハナコの出場が注目されているのは、ここ最近のお笑いコンテストで賞金を荒稼ぎしているからだ。昨年のキングオブコントの優勝賞金1000万円に加え、所属事務所の大会「ワタナベお笑いNo.1決定戦」でも2連覇を達成。こちらの大会の優勝賞金は300万円。昨年2月から合計1600万円の賞金を獲得した。「キングオブコントで連覇を達成したら、計2600万円だからね」(お笑い関係者)

 お笑い界がハナコ以上に注視しているのが霜降り明星の動向だ。昨年末には「M-1グランプリ2018」で優勝、さらに今年のピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」でも粗品が優勝した。

「この2大会で1500万円の賞金を稼いだ。さらにキングオブコントも優勝したら“3大賞レース”すべてを1年で制するという、前人未到の快挙となる」(同)

 ハナコ、霜降り明星が賞金と名誉を求めて出場したら、キングオブコントの盛り上がりは最高潮に達するだろう。