丸山桂里奈 沖縄にドハマリ「空気がなじむ感じがする」

2019年05月23日 21時38分

空手に挑戦した丸山(左)と具志堅

 サッカー女子の元日本代表でタレントの丸山桂里奈(36)と元プロボクサーの具志堅用高(63)が23日、都内で行われた「第11回サンシャインシティ沖縄めんそーれフェスタ 前夜祭」に参加した。

 沖縄の食べ物や音楽などが集めたイベントで、沖縄の伝統的衣装「琉装」に身を包んだ丸山は、沖縄発祥という空手に挑戦した。司会者も驚くほどゆるい突きを繰り出したが「初めて空手をやりましたけど、昔からやっているイメージになりました」と“ボケ”て笑わせた。

 東京出身の丸山は沖縄には一度しか行ったことがないそうだが「沖縄出身の先祖がいるんじゃないかってくらいなじみました。空気がなじむ感じがする」と語った。

 沖縄グルメを試食した具志堅は「塩もずくポップコーン」を大絶賛。「塩がいい。沖縄の塩を使っているから最高」と笑顔を見せた。また、丸山はカツオだしの利いた「okinawa’n まぜそば」をほおばり「超おいしい。かつおが泳いできた感じ」と独特の言い回しで味を表現した。

 同イベントは24日から6月2日まで池袋サンシャインシティで開催される。