西川貴教 初のNHK朝ドラ出演で絶叫「ほかの楽屋がザワつくほど驚いた」

2019年05月23日 17時01分

連続テレビ小説初出演となる西川

 NHK大阪放送局は23日、次期連続テレビ小説「スカーレット」(9月30日~)に、歌手の西川貴教(48)が初出演すると発表した。

 西川が演じるのは世界的芸術家のジョージ富士川。フランスの美術学校に留学経験を持ち、こてこての大阪ことばが特徴で「自由は不自由やで」が口ぐせという設定。女優・戸田恵梨香(30)演じる陶芸家のヒロイン・川原喜美子と大阪で出会ったあと、滋賀・信楽で思いがけなく再会。信楽に新しい風を吹き込むという。

 西川は「出演のお話を聞いたときは舞台本番の楽屋だったのですが、廊下に声が響いて、ほかの楽屋がザワつくほど驚きました。信楽焼を題材に、僕の出身地でもある滋賀県が舞台になっている作品ということで、滋賀ふるさと観光大使として、地域の素晴らしさも存分にお伝えできればと考えております。本当に豪華な出演者の方々ばかりなので、皆さんと顔を合わせていただくのが待ち遠しいです。初の朝ドラで、とてつもなく緊張しておりますが、皆さま応援のほどよろしくお願い申し上げます」とコメントした。

 ほかに、信楽焼の絵付け師・深野心仙役に俳優のイッセー尾形(67)、信楽にやってきた陶工・十代田八郎役に俳優の松下洸平(32)、川原家の隣人・大野忠信役に俳優のマギー(47)らが出演することも併せて発表された。