中村獅童 初音ミクとの共演に歓喜「キター!一緒に宙乗りしたい」

2019年05月23日 16時03分

初音ミクとの共演を喜ぶ中村獅童

 歌舞伎俳優の中村獅童(46)が23日、都内で開かれた「八月南座超歌舞伎」(京都市・南座、8月2~26日)の製作発表に出席した。

 超歌舞伎とは2016年からニコニコ超会議で開催されている歌舞伎公演で、主演は獅童と人気キャラクターの初音ミク。獅童は「通常の歌舞伎に女性は出ない」としきたりに触れ、ニコニコ超会議での初音ミクとの共演は「踊ったりセリフのかけ合いは毎回楽しい」と感じていた。今回、京都で初めて行われることになり、「キター!って感じ」と喜んだ。

 南座では「ミクさんと宙乗りしたい」と役者の体をワイヤでつり上げて劇場の空中を飛ぶ演出を熱望。「ミクさんが宙乗りはイヤとおっしゃったらできないけど、何とか説得している。昨日も電話して説得したけど、いい返事をもらえなくて」とジョークを飛ばして笑わせた。

 1歳の息子・陽喜(はるき)君との共演について聞かれると、「自宅にある歌舞伎の本をすごく見ている。歌舞伎のDVDを見ると機嫌がいい。歌舞伎に興味はあるみたい。一緒に舞台に立てたら」と思いをはせた。

 一方、13年に亡くなった母・陽子さんの話題にも触れた。自身が20代半ばで役に恵まれないころ、陽子さんから「あなたは大丈夫」との置き手紙があったことを告白。今回の舞台が南座であることに「母が京都出身。感慨深い」と声を詰まらせる場面もあった。