ISSA 念願の仮面ライダー変身「うれしくて涙出ました」

2019年05月22日 16時17分

左から北原里英、ISSA、佐野史郎

 7人組ダンスボーカルユニット「DA PUMP」が22日、都内で行われた「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」(7月26日公開)の製作発表会見に登壇した。

 同作は特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版。

 リーダー・ISSA(40)は、劇中で仮面ライダーバールクスに変身する。「仮面ライダーが昔から好きで、いつか自分も改造人間になりたいと思って生きてきたので、今回(仮面ライダーに)なれたことはすごく感慨深い。本当の話なんですけど、涙出ました。それぐらいうれしかった」と喜びを語った。

 グループは、歴史の管理者と名乗る謎の集団「クォーツァー」として作品に登場する。

 ISSAは単独で、DA PUMPは主題歌を担当した「仮面ライダー THE FIRST」にショッカー幹部役として出演したが、グループでの出演は初めてだ。

 TOMO(38)は「謎の集団として出演している。ボスがISSAくんで、その取り巻きが僕らということで、ぴったりの役だなと思った」と笑わせた。