山田邦子 独立騒動の原因?有吉に“出頭命令”

2019年05月22日 17時00分

「925(くにこ)」Tシャツを着た共演者を従えて登場した山田

 タレント・山田邦子(58)が21日、芸能生活40周年記念公演「山田邦子の門」(22~29日=東京・紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA、6月5~6日=名古屋市青少年文化センターアートピア)のお披露目会に出席した。

 舞台は山田演じる元女子プロレスラーの芸能事務所社長がプロレスへの夢を忘れられず、所属タレント全員でプロレス団体を立ち上げるというストーリーだ。

 先日「所属事務所に不信感を募らせている」「独立するのでは?」などと報じられた山田は「何だかんだ言われておりますのよ、私。なんか、今回の舞台と話が合っちゃってる。心機一転、頑張りましょうってね」。

 現在、所属事務所と話し合っている最中だと明かし「(これからは)いいようにやってくださるっていう太田プロダクションの話なので、うまくいけばこのままですし…」。独立については「まだ全然、何も(ない)。社長としゃべってるところだけど、それがいつしか、私がグチを言ったことで、事務所辞めるんじゃないかとか、そんなふうになっちゃって」と否定した。

 ここまで話が大きくなったことについては「有吉が悪いのよ!」と、事務所の後輩の有吉弘行に責任をなすりつけた。

「大したことじゃなかったのに、アイツがラジオかなんかで『山田邦子が事務所辞めるんだ』とか、お前がそういうこと言うからだよ!」

 芸能関係者は「山田の不満の原因は、『ほったらかしにされている』と感じていること。最近は『事務所に相手にされていない』と思ったようだ」と指摘。そのせいか、この日は太田プロのスタッフが「4人ほど来ている」と満足そう。

 さらに有吉に対しては「来なさい! 来て」と来場を呼びかけた。

 山田をこれ以上、怒らせないために、太田プロは全力で有吉を呼ぶ必要がありそうだ。