市川由紀乃&三山ひろし ひばりさんの曲熱唱「神様のような存在」

2019年05月20日 19時19分

三山ひろし(左)と市川由紀乃

 演歌歌手の市川由紀乃(43)と三山ひろし(38)が20日、CS放送「チャンネル銀河」の特別番組「美空ひばり没後30年 市川由紀乃 三山ひろしが歌うひばり名曲選」(6月24日午後6時)の番組収録を都内で行った。

 ひばりさんの没後30年を記念した特番で、2人がひばりさんの名曲の数々を歌っていく。市川は一昨年の紅白で「人生一路」を歌い、その際は長男の加藤和也氏から、ひばりさんが愛用した帯とかんざしをもらった。

 この日は帯を着用し、熱唱。「ひばりさんは神様のような存在。ひばりさんの歌声を勉強すればきちんと光を当てて、進むべき道を照らしてくれる」と語った。

 また、三山は自身のステージなどでもひばりさんの歌をカバーすることが多く、アルバムにも収録している。番組内では「愛燦燦」などを熱唱し「男性の私がどこまでひばりさんの魅力を再現できているか。そこが苦労している点。三山ひろしが持っているもの全てを出し尽くして歌ったけど、まだ足りないかな」と話した。