妊娠公表後初ステージの華原朋美 早くも3年後の“幼稚園リサーチ”

2019年05月20日 17時00分

ステージで熱唱する華原朋美

 歌手・華原朋美(44)が19日、栃木県内で行われた野外音楽フェス「岩船山クリフステージ」に出演。今月4日に妊娠6か月であることを公表してから、初の公の場となった。

 華原はピンクのゆったりとしたワンピース姿で登場し「うれしいことに赤ちゃんができました」と報告。「今日はおなかの赤ちゃんと一緒に楽しみたい」と会場に詰め掛けた3000人の観客を喜ばせた。ステージでは「I BELIEVE」など6曲を熱唱。おなかをさすりながら「うにょうにょ、ポコポコ本当に動く。最近、急に大きくなったなと思う。すごく元気なんだな」と“ママ”の顔を見せた。

 8月に出産予定の華原は、早くもママになった時のことを想定して、様々なリサーチをしている。「保育園とか幼稚園とかどうするんだろうと思って、いろいろなブログとか読んでる。この前は幼稚園に電話しちゃいました。まだ生まれてなくて、お世話になるのは3年先なんですって言ったら、まだ早いですねって言われちゃいました」と話し、笑わせた。

 お相手は外資系企業に勤務する一般男性だが、結婚については明らかにしておらず、この日も言及しなかった。それでも「いままで通り過ぎていた店も入って、子供服見たり、肌着を見たり、こういうのを選んでいる自分も楽しくて。おなかの中の赤ちゃんは私に明るい未来を与えてくれている」とステージでは最後まで幸せいっぱいの笑顔を見せ続けた。

 華原はママになる日が待ち遠しい一方で、仕事も楽しんでおり「体のことが一番心配ですが、本人はギリギリまで仕事をしたい、歌を歌いたいと言っている」と関係者。過去にはいろいろとトラブルに巻き込まれたこともあったが、今は本当に幸せそうだ。